株式会社SASI DESIGNは、10月に飲食事業をはじめます。

急にカフェをすると言うと、びっくりされるのですが、ずっと考えていたことでした。

僕たちはこれまでも、これからも地方の為のデザインをしています。それは商品もあり、建築もあり、コミニティもあります。

その商品や地方に触れてもらえるような場所を作りたいと思っていました。
SASI DESIGNの、僕たちのクライアントさんの、inno townの玄関口としてのカフェになるという意味を込めて「DOOR」という名前をつけました。

  

ドアの図面表記と『D』の文字を重ね合わせ、シルクハットをかぶったような佇まいは、これからも背筋を伸ばして、カフェとデザインを邁進していく意味合いを持たせました。
デザインは色や形だけだと誤解されていることが多いです。
デザインは思いを伝える仕組みであり、

それぞれのデザインには、それぞれの込めた「地方の思い」があります。

その商品や人に出会える場所を作ります。

だからこそ、デザイン事務所として、気軽に立ち寄りやすく、話のしやすいカフェの形態をとりたいとおもいました。

   
 
そして同時に宝塚にkarakusa(からくさ)と言う賃貸マンションをデザインしています。

  
 http://damaya-company.com/karakusa.html

マンションをデザインするだけでなく、 その住民や地域の人々が、催しをしたり、話が出来る「公民館のような場所」をつくり、住民同士や地域のコミニティができればと思います。

そして僕たちはこの街をinno town(イノタウン)と名付けて、まちを楽しもうと思っています。

新しい事は、いつも大変ですが、新しい社員としての仲間も加わり 、楽しんで行きたいと思っています。
  
またホールスタッフのアルバイトも募集していますので、ご興味のある方はご連絡いただけたら嬉しいです。

これからが本番。がんばります。