昨日は故郷の兵庫県丹波市野上野(のこの)という地域の自治体から生まれた、まちづくりをする為の会社である「ゆめの樹」のデザインをさせていただいています。

  
会社の方向性を一緒に話し合い、ロゴから販売する商品、交流イベントを通じて、地域に子供の声がする未来をつくるプロジェクト。
昨日はその方向性の打ち合わせと、商品になる黒豆の苗植えに同行しました。

   
 
何度も話し合って、飲んでいるので皆さんとも仲良くしてもらってます。

   
   
秋の収穫時期には商品もできる様に頑張ります。

そして、循環型クリーンセンターの利用方法も。

   
   
地域の人が、集まったゴミから、修理して直したり、資源に変えて紙を作ったりと、説明を受けました。
やっぱり地方には宝物がたくさんあると、改めて思える時間でした。