最近移動が多くて、車に乗っている時間が非常に多くなっています。居眠りしないように頑張ります。近藤です。

去年の末から取り組んでいるプロジェクトで、

株式会社東兵庫魚菜さまと一緒に取り組んでいます丹波の黒枝豆のブランディングデザインがあります。

丹波と言えば黒枝豆が名産でもあるので、すごく気合いが入ります。

今回の内容は「早生黒」というネーミングで販売されていた黒枝豆の、

ネーミングやコンセプト立案、パッケージからパンフレット、販促用pop、販促計画、価格設計まで

係ってデザインさせていただいております。

ブランド構築には様々な要素が必要で、様々な情報を整理して、

伝えるべき情報を、整頓した情報で伝える事が必要です。

今回は丹波で一番最初に採れる黒枝豆、という意味と、新鮮さを感じるネーミング。

一番おししいなど旨味のイメージ、一番搾りなどのビールを連想させる「一番黒」という名前を採用してもらいました。

 


o0550048912574644143

求めたのは、黒枝豆の本物感を感じつつ、

「丹波」「朝採り」などのキーワードをしっかり伝えるロゴデザインでした。

黒枝豆を食べると、普通の枝豆を食べるのがちょっと物足りなくなるくらい

コクとモチモチ感があります。

いよいよ6月下旬から発売で、スーパーにも並ぶ予定です。

o0500037312574644144

生産者の人の精魂込めた、丹波の「一番黒」一度ご賞味下さい。

o0331050012574644145

 

ネット注文はこちらから。