アイデンティティデザインをSASI DESIGNはしております。

ここでいう「アイデンティティデザイン」とは、見えづらくなってしまった「本当の価値」の抽出から、その価値を最大化するためのコミュニケーションのデザインです。

 

アイデンティティデザインには様々な方法があります。

今回はその方法の一つをご紹介します。

 

大阪八尾市に本社を構える菊水テープ株式会社様。

三重県名張市にある同社の工場にて実際現場で働かれている社員の皆さんとつくりあげていくため、伺いました。

新しいプロジェクトが始まって、ヒアリングもすでに数回終了しています。

そこで、社員の皆さんが考えるお客様への「思い」に着目し、

社員の皆さんと「思い」をまとめるワークショップを実施。

次に「思い」を確認するプレゼンテーション。

以上の作業を経て、SASI DESIGN代表 近藤がデザイン案をいくつかご提案します。

そのデザイン案を確認しながらグループセッションをし、営業側・現場側など各部署からの意見を汲み取ります。

社員の方々の議論が深まり、時には白熱することも。

同社 西澤社長も白熱しているところを見ながら「ええ感じや!」と嬉しそうな表情でした。

 

一部署だけでなく、各部署の方に参加いただいたことで「みんなでつくりあげていく」という作業ができ、

社員の方みなさんの気持ちのこもったものにも仕上がります。

そして、同社社員としての一体感も生まれます。

そのつくりあげたものによって、接点のなかった部署の接点が生まれることもあります。

アイデンティティを明確化することにより、デザインがコミュニケーションツールとしてはたらくのです。

 

同社社員みなさんの気持ちが詰まったものが、どういうかたちとして現れるのか。

こちらのプロジェクトはまだまだ続きます。

 

SASI DESIGN 北浦